消費者金融を賢く利用するならば無利息期間内に返済を

消費者金融を利用するメリットは色々ありますが、無利息期間がある消費者金融もあるという事もその1つです。大手の消費者金融では多くの会社で無利息サービスを実施居ています。給料日までに数万円だけを借入れしたい時、利息を取られる事で躊躇をしていまします。それでも無利息期間内に返済をすると利息が掛からないという業者ならば、利用をしても良いのではないでしょうか。

 

無利息期間は初回のみという業者も多いですが、何度でも利用できるという貸金業者もあります。

 

【無利息サービスを利用できる消費者金融とは】

 

現在無利息期間を利用できる消費者金融は、アコム、プロミス、ノーローン、レイクとなっています。アコムは以前はキャンペーンの時のみでしたが、2014年10月から通常の適用となっています。

 

プロミスの場合はメアド登録をして明細書をwebに設定をするだけで初回のみ30日間無利息となります。
その他ポイントサービスに加入をしてポイントを貯める事でも実現できます。

 

レイクも30日無利息や180日5万円限定無利息サービスを行っています。これらは初回のみですがノーローンの場合は1週間と短い期間ですが、何度も利用できる無利息サービスです。ノーローンで初回利用する時と、借入れの完済をした翌月に無利息サービスを再び1週間利用できるので、毎月このような工程を繰り返す事も可能です。

 

また銀行ではジャパンネット銀行やレイクが無利息キャッシングを行っているのですが、30日無利息サービスとなっています。

 

無利息期間の比較

レイク>プロミス≧アコム≧ジャパンネット銀行>ノーローン

 

 

【給料日前のピンチに無利息キャッシングを利用する】

 

給料日まであと少しという時にお金が足りなくなってしまう事はよくあります。そんな時には無利息キャッシングを利用したいものです。30日間無利息サービスを利用すれば、契約から30日間は利息が0円となります。31日目となると利息が付くので期間内に完済をしたいものです。

 

1週間だけ無利息で借り入れをする方法

また給料日までにあと1週間以内という時には1週間無利息サービスを利用できる消費者金融もあります。ノーローンでは1週間無利息で利用できますが、無利息期間の内に完済をする事で、翌月以降もまた1週間無利息でキャッシングが可能になります。

 

このように無利息サービスを利用する事で、利息が掛からないキャッシングができます。せっかくこのようなサービスを行っている消費者金融があるのですから、利用しない手は無いですよね。そしてその際には期限内に返済をして無利息で利用したいものです。

クレジットカードの支払いを延滞した場合、どのような流れになるか

クレジットカードは1枚持っているだけで、ショッピングや各種支払いにとても便利です。またショッピング枠だけでなく、キャッシング枠の利用も可能で、急な出費にも対応してくれます。

 

そんな便利なカードですが、支払い日に指定の口座から引き落としできない場合、最悪はカードの利用停止や強制解約となってしまいます。

 

もちろん1度代金の引き落としができなかったからといって、直ぐにそのようなことにはなりません。そのような事態へ発展するまでの流れを以下に記してみます。

 

 

クレジットカードの支払い遅延からの流れとは

 

指定日に口座引き落としができない場合、まずはコンビニなどで返済できる振込用紙が郵送されて来ます。この時点で直ぐに支払いをすれば、それで完了ということになります。

 

それでも振込用紙が自宅に届いても数日間支払いをしないと、直ぐにカード会社から電話が掛かってきます。カード会社は個人名で電話を掛けて来ますが、カードの名義人が電話に出ない場合は、用件を話さずに電話を切ります。

 

それでもカード会社によっては、名義人の配偶者などがそのことに気付き、こちらから電話の相手を確認すれば用件を話す場合もあり、その時には返済の予定日を伝えることで電話が切れます。カードの名義人と連絡が取れた場合でも、同様に返済日を約束することで電話は済みます。

 

その後約束の日までに支払いをすれば良いのですが、それでも支払いをしない場合は一定の期間が過ぎるとカードの強制退会となってしまいます。

 

カード会社では、利用してくれる人に対してはポイントの付与やその他の特典にてサービスを行っていますが、利用代金を支払わない人については厳しく対応をしています。

 

クレジットカードの利用を停止するだけで、代金の未払いが免除されることはありません。その後は裁判所から支払督促状が届き、それにも応じない場合は最終的に強制執行となり、財産の差押えとなります。

 

もちろんそのようなことがあれば、信用情報にもキズがつきます。信用情報については2~3か月の支払いの延滞でも影響をしてきますので、返済期日には引き落としとなる口座残高の確認が重要となります。

 

そして最低でも引き落とし不能の場合、その後自宅に届く振込み用紙が届き次第、直ぐに支払いをすることが大切となります。

 

 

クレジットカードによっては再振替もあり

 

通常は引き落としに設定されている日に残高不足のために引き落としができない場合は、前述のようにコンビニなどで振込用紙を利用して再振替の支払いをします。
参考→再振替とは|金融経済用語集

 

それでもカード会社によっては、引き落とし日に残高不足となっている場合、その後連続して数日間は再引き落としをしている会社もあります。引き落としができない場合の対応はカード会社によって異なる為に、利用しているカード会社のホームページなどで事前に確認をしておくと良いでしょう。

 

まとめ

クレジットカードの利用代金の支払いを遅れると、コンビニなどでの振込用紙による支払いになります。それでも支払いに応じない場合には督促の電話が掛かりますが、その後も支払いをしない場合、カードの強制退会となります。
その後も支払いをしない場合、最終的に裁判となり財産の差押えとなるので、返済には注意が必要です。